jar salad

fura_20150228a

きまぐれ日誌の「food担当」うちびとです。寒い日が少しずつ減り、うららかな日和もチラホラと訪れるようになりました。お花屋さんにも春の花が彩りよく並んでいてワクワクします。

冬の間、野菜を食べるときは、蒸したり茹でたりスープにしたり。寒いので体温を下げないようにという体の働きのせいなのか、生野菜を食べたいという欲求があまりありませんでした。でもこの頃は生野菜をむしゃむしゃ食べたい!と思うことも。やっぱり春が近づいているせいでしょうか。というわけで、今回は少し前から流行しているジャーサラダを作ってみました。

ジャーサラダのいいところは、作り置きができること。そして、なにより見ためがかわいい。しっかり密閉できるタイプの保存ビンに入れておくと、食材にもよりますが1週間くらいは日持ちます(冷蔵保存)。週末に4〜5ビンまとめて作っておけば、平日はとってもらくちん!味・彩り・食感・栄養のバランスを考えながら、ドレッシング、野菜、豆類や穀類などを組み合わせるのはとっても楽しい。想像以上に美味しい組み合わせができたときは嬉しいし、その反対に撃沈することもあります。笑

シンプルで簡単な作り方ですが、一応順を追ってご説明しますね。

手順1:ビンにドレッシングを入れます。写真はにんじんのドレッシング。白ワインビネガーに塩・白コショウ・レモン汁を入れて混ぜ合わせ、すりおろしたにんじんを加え、最後に亜麻仁オイルを混ぜ入れます。すりおろすのはにんじん以外(かぶ、大根、山芋など)でもOK。ビンは熱湯&アルコール消毒したものを使用(野菜が長持ちするため)。

fura_20150228b

手順2:ドレッシングに浸して味をつけたいものや固くて崩れにくい食材から入れていきます。今回はしょうゆ・みりん・酒・ゴマ油で炒めた長ひじきを入れました。

fura_20150228c

手順3:スライスしたラディッシュを投入。色がかわいいので、つい入れてしまいます。

fura_20150228d

手順4:かために茹でたブロッコリーを投入。今の季節なら菜の花もいいですね。

fura_20150228e

手順5:茹でたキヌアを投入。野菜以外の食材を加えるとボリュームが出るので、ジャーサラダだけも食べごたえ十分。ひよこ豆、大豆、押し麦など。ごはんを入れてライスサラダもいいし、マカロニサラダなどもいいと思います。

fura_20150228f

手順6:塩もみしたレッドキャベツを投入。レッドキャベツは彩りがよくて使用頻度が高いのですが、そのままだとちょっと歯ごたえがありすぎて、他の野菜との馴染みがよくないので、塩もみしてしんなりさせたほうがビンにも詰めやすいです。水分はしっかり絞って加えてくださいね。

fura_20150228g

手順7:葉野菜をたっぷり入れます。今回はアルファルファを使いましたが、ベビーリーフ、水菜、ルッコラ、フリルレタスやサニーレタスなどなんでもOKです。ポイントは冷水に放ってシャキっとさせてから、しっかりと水気をきること。サラダスピナーで水気を飛ばし、ペーパータオルに包めば完璧です。水気が残っていると日持ちしなくなるのでご注意を。

fura_20150228h

手順8:最後にしっかりフタをしてできあがり。ビンの中の空気量が多いと傷みが早くなってしまうので、ビンの口ギリギリまで食材を詰め込みます。食べるときは、フタを開ける前にシャカシャカ振ってドレッシングを全体になじませてから、お皿にあけて全体を混ぜ合わせるだけ。

fura_20150228i

さてさて、今回使ったキヌアについてすこし調べてみました。欧米では自然食・健康食として流通し、スーパーフードなどとも言われているそう。精白米と比べると、タンパク質は2倍、マグネシウムとリンは7倍、食物繊維と鉄は8倍、カルシウムが10倍も含まれているそうです。ビタミンや必須アミノ酸も豊富に含み、炭水化物量以外の栄養素は、精白米・玄米を軽く上回っています。味・匂いにもクセがなくて食べやすい。私が使っている「はくばく」のキヌアは、水洗い不要タイプなので取り扱いが簡単。10分程度で火が通るので、そのままスープやお味噌汁に入れることが多いです。サラダに入れるときは下茹でしてから使います。下茹でしたキヌアをラップに包んで冷凍可。

fura_20150228j

寒さ対策のジンジャーシロップ

fura_20150115a

きまぐれ日誌の「food担当」うちびとです。すっかりご無沙汰してしまいまいましたが、今年も食のお話を中心にゆる〜いペースでお邪魔させていただきたいと思ってます。みなさま、どうぞよろしくお付き合いくださいませ。上の写真は、furaの畑で穫れたグリーンコットンをいただき、鉢植えで栽培・収穫したものです(簡単な栽培記録はこちらのブログにのせています→ uchibito garden)。手間ひまかけて種から自分で育てたコットンは可愛さもひとしお。ふわふわにはじけたコットンを見ていると、なんともしあわせな気分になります。今回収穫したコットンから種を取り出して、今年もまた種まきをしたいと思います!

さて、新年早々の雪に始まり、まだまだ寒さが続く毎日。ヨガやストレッチ体操で体を伸ばしてみたり、バスソルトを入れて入浴してみたり。根っからの寒がりなのでいろいろな寒さ対策を試していますが、パソコンの前にじっと座って作業していると体の巡りが悪くなって寒さも倍増してしまいます。そんな時はちょこっとでも体を動かすようにしていますが、効果を実感できるのはやっぱり体の内側から温めること。体を温める食材といえば生姜です。薬膳料理を作ろうと思うと大変ですが、すりおろし生姜をお味噌汁や紅茶に入れたり、料理のトッピングにせん切り生姜をのせたり。そんな簡単な対策ならすぐに出来るし続けられそうですよね。

漢方薬は、様々な薬効のある2種類以上の素材を組み合わせて構成されているものが多く、相乗効果によってさらに薬効を高めることができるのだそうです。漢方薬の配合のひとつである「相使(そうし)」とは、ひとつの素材を主薬として、他の素材が主薬の効能をさらに高めるという配合で、生姜と黒砂糖の組み合わせが相使にあたります。黒砂糖を加えることにより、生姜のもつ”体を温める作用”をより一層高めるんだとか。

というわけで、簡単に作れる自家製のジンジャーシロップを作って、ちびちびやってます(カップ&ソーサー:la nanaさん作)。

fura_20150115b

ジンジャーシロップを作った時の生姜スライスで作ったおやつにセミドライの黒いちじくも添えて(シャーレのような形の小皿:la nanaさん作)。

fura_20150115c

作り方や分量はネットで検索するといろいろ出てくると思いますので、ここではざっとプロセスをご紹介。まず、皮付きのままタワシでキレイに洗った生姜をいっきにスライス!

fura_20150115d

そこにお砂糖をざばーっとかけてひと晩置きます。今回は肝心の黒砂糖を切らしていたのですが、てん菜糖で代用。

fura_20150115e

ひと晩置くと、水分がたっぷりと出てきます。 ここにお好みのスパイスとミネラルウォーターを加えて、30分ほど煮つめていきます。

fura_20150115f

スパイスも温め効果のあるものを選んで更なる効能アップに期待!今回加えたのは黒こしょう、赤唐辛子、ローリエです。クローブ、シナモン、フェネンルなどにも体を温める作用があります。他にも効能がアップしそうな素材をいくつかあげておきますので、体調や香りの好みに合わせて、その時々で組み合わせを変えながら作っても。ちなみに、スパイスはガーゼで包んだり、お茶パックなどに入れて煮出すと、最後に取り出しやすくなります(小皿:la nanaさん作)。

くこの実:目のトラブル解消や滋養強壮作用
なつめ:心を穏やかにして胃腸の働きを整える
紅花:血の巡りをよくして婦人科系トラブルを解消する(妊娠中、妊娠の可能性のある人、月経過多の人は避ける)
スターアニス(八角):イライラなど自律神経の乱れを整え、お腹を温める
山査子:イライラや不眠解消、消化促進作用

fura_20150115g

出来上がりはこんな感じです。シロップと生姜スライスに分けて冷蔵庫で保存し、2〜3週間で使い切るようにしてます。

fura_20150115h

生姜スライスはそのまま食べてもいいし、刻んで焼き菓子に混ぜ込んだり、煮魚などの料理にも活用してます。下の写真は半日くらい天日干しにして、生姜チップスにしました。しっとり感が少し残るくらいまで乾燥させたらきび砂糖をまぶして完成(写真はきび砂糖をまぶす前のもの)。

fura_20150115i

ちょっと手をかけて作ったジンジャーナッツ。出来上がった生姜シロップときび砂糖で作ったカラメルに、ロースト無塩ナッツと細かく刻んだ生姜スライスを入れて混ぜ合わせ、ワックスペーパーの上で乾かします。ナッツの香ばしさと生姜のさわやかな辛味が相性抜群です。おやつにはもちろん、ワインや焼酎などお酒のおともにも。
fura_20150115j

Peaceful Journey

hohoho

11月24日と26日のホロスコープとヒーリングのワークショップが終了しました。前回この組み合わせで行ったのが7月の「Heliophilia」、今回のホロースコープはフーラのオーナー、今年後半から来年の星を詠む/ヒーリングは三重のアロマセラピーサロン・リラの松本さんがメンタルブロックの解放&セルフヒーリングを行いました。わたしは26日の方にお邪魔したのでその時の様子を少しご報告します。

P1050098

占星術のワークショップは時折開催していたのですがわたしは今まで参加したことがないので本物の初心者。上の写真が自分の誕生日と出生の時間を伝えて出してもらったわたしのバースチャートで資料として使います。はじめに初心者のわたしのために軽くホロスコープとは、占星術の基本概念である12室(ハウス)について、そして木星、土星、天王星、冥王星の特徴などを聞きながらバースチャートのマークの見方や読みかたの説明を受けながら自分の表にいろいろ書き込んでいくのですが、途中何度も自分を失いそうになりながら「がんばれ自分!」とやっとのことで書き込み終了〜。

細かいことを詠む余裕はまだないので、ひとまず土星、天王星に絞って天体が移動した日時の自分の出来事を思い浮かべてみると思い当たる節がちらほら。オーナーの話によると変化を求める、変化を感じている人が集まっていたそうで、多分わたしもその一人。前日までのスケジュールを考えるといつもなら家でじとーっとしていたはずがこの日はなんだか行かなければいけない気がしてました。

土星というのは、重く辛い障害であり、乗り越えなくてはいけない試練といわれていますが、試練を乗り越えることで得られる自分自信の成長、乗り越えた先に見えてくるものは必ず自分の力や自信につながっていきます。実際その時には辛くて大変でそんな余裕はないのかもしれないけど、2〜3年周期でめぐるこの試練を試練としてビクビクするより、きっとその先には自己成長が待っているとどこか頭の隅に置いておくだけでも違うのかもしれない。

ついていくだけでせいいっぱいだったので頭が混乱しはじめた頃、ミトラカルナさんのデザートで休憩。フーラ農園のローズウォーターとカシスの組み合わせが美味しいケーキでした♩

続いて松本さんによるセルフヒーリングの時間。(全く余裕がなくて写真も撮れず、テキストのみですみません〜。)松本さんの話がスタートした後、何となく脈が早くなり、オーナーと松本さんがセルフヒーリング始めちゃった方が良さそうですねと言った時にはもう心臓がバクバクしてました。空気???これがどうゆうことなのかわからないんですが、松本さんもずっと標準語だし「場のエネルギー」が24日のワークショップとは違ったそうです。24日はどんなだったんでしょう??

最初のセルフヒーリングは土からイメージしていくグラウディング。途中咳が出たり涙が出たりしても無理に止めないでくださいと言われスタート。悲しいとか辛いとかの感情もないのに涙が出るって不思議。終わった後にみんなでシェアする時間もあり、わたしもちゃんと発言しました、笑。グラウディングとは地に足をつける、心身のバランスを取り戻す、自分を軸に本来の自分を取り戻す、といわれているように、外からの情報にわたし自身惑わされていた気がします。気持ちが軽く、楽になりました。

次のヒーリングが始まってすぐ、松本さんの声が遠くに聞こえながら寝ていたような。起きてみたら手がとても熱くなっていて、気分がすっきり!日々の生活を繰り返していくと知らないうちにまた不要なエネルギーに支配されていきそうで、本当の自分を維持するって難しい。いらないものは体から出し必要なものを取り込む、上手に使いこなせる人になりたい。

んー、この分野は書くのは難しい!目に見えるものではなく、感じることといったらよいのか。どちらのワークショップもこの日に何かが劇的に変わるとかそうゆうものじゃなくここからジワジワと「そうゆうことだったのか!」と後に気づくことがあったり(これも明日かもしれないし何年か後かもしれない。)わたしはそんな大きなお土産がついてきたと思っています。

成長や変化というのは自分では分かり難く、グラグラと不安になることもあります。それでも人は変わってゆきます。本来の自分でいれたなら変化を恐れず、試練も受け入れて前に進むことができる、今は生意気にもそんな風に思えます。

初心者ゆえこんなレポートですが、もし興味ある!という方がいれば、多分また来年にこの二人のタッグがあると思うので是非。(毎回大人気なので募集と同時ぐらいのご予約をおすすめします。)

三重のサロンでも松本さんのヒーリングのコースありますよ〜。

アロマセラピーサロン・Lila

www.lila-room.com

最近のアトリエ

DSC_8276

常時置いてはあるのですが、最近のフーラ・アトリエには
テーブルいっぱいに色とりどりの石が広がり
石とハーブとアロマのお店と言ってもいいぐらいです、笑。

今日はその中のいくつかをピックアップ。

DSC_8297

先日のワークショップで使ったもの。

DSC_8292

 左(小)カルサイトと右(大)セレスタイト

DSC_8263

フーラカラーのフローライト。

DSC_8260

個人的に気になっているのが向かって左、
ピンクとグリーングレーのドロマイト。
組み合わせの色がすごく綺麗です。
右の方が岩塩のピンクハライト。

 DSC_8299

今回の季節のメニューのイメージでも登場しているのがこちら。
右(薄紫)アメジスト、左(濃紫)フローライト

写真以外にもまだまだ沢山あります。
小さいのにキラキラしているアメトリンのカクタス、
お子さんが入ってくると何故か触っていく
クリスタルがあったり。

サロンでは石やハーブを浸けて抽出したオイルでの
トリートメントもあったりするので
お好きな方は是非一度遊びにきてくださいね。

tsukiyomi_m

今回の季節のメニューは月の満ち欠けリズムに
合わせたトリートメント。

下弦の月(欠けてゆく月)
Harmony & Refine Body
9/15-9/23,10/8-23

上弦の月(満ちていく月)
Chaege & Restoration Body
9/24-10/7,10/24

新月~満月、満月~新月で異なってます〜。

DSC_8315

今年収穫した農園のハーブを使ったペーストです。
バジル以外にも紫蘇も今年はあります。
農園のハーブをみっちり使っているので香りもよく、
サルサベルデはドレッシングにも使えて便利。

DSC_8323

使用している方にはおなじみの
定番のフローラルウォーターも出来ました。
自家有機農園で摘んだハーブを丁寧に
蒸留した精油成分も含んでいるウォーターです。
一言に蒸留といっても微妙な加減が難しく
奈良のお店の調理師免許を持っているセラピストさん
に作業をお任せしてます♩

フローラルウォーターを化粧水として
その後に好きな精油を入れた
オーガニックホホバオイルのケアに
最近ははまってます。

先日オーナーがモロッコに行った知人からもらった
アルガンオイルがむちゃくちゃいい!
今度買いに行きたいな。。。と
つぶやいていたので、そのうち買い付けに
行くのではないかと期待。
質の良いオイルはそれだけで感激します。
入手したらアルガンオイルを満喫するような
ワークショップもいいですね〜。

出張・王子さまのおやつ

DSC_6720

フーラ農園のハーブを使ったおやつなどでおなじみの「王子さまのおやつ」が今年6月からフーラアトリエで出張おやつを出してくれています。この期間は生ケーキも作ってきてくれて、8月はあまーいトウモロコシを使ったタルトと桃半分が大胆にのっかったケーキ。期間中トリトリノキさんが店員さんになったり、途中新しいお菓子やケーキが追加されたりもします。(2日目にして生ケーキが残り少なくなり、週末には農園のブルーベリーを使ったケーキを持ってきてくださる予定です!)

DSC_6701

焼き菓子ラインナップ

DSC_6712

今回のバーチディダーマにはココナツとパインのクリームがはさまってます。前回のマンゴークリームに続き夏らしい風味で、焼き菓子はこの季節冷やして頂くのがおすすめ!

DSC_6715

夏バージョンのドライフルーツが入ったチャイグラノーラ登場しました。

その都度内容は変わります〜。
出張おやつに関してはこちらで確認してくださいね。
→ 王子さまのおやつ

quca

DSC_6266

占星術とヒーリングワークショップの前夜際?で中目黒にある「quca」に行ってきました。野菜や玄米、ビオワインに自家焙煎珈琲などの美味しいお食事を気取らずに頂けるお店で、フーラ農園の有機野菜を使ってくださってるんです〜。フーラ・アトリエからも近いので夜な夜なオーナーが食べに行ってたり。

DSC_6250

一足お先に三重から来ていたリラの松本さんと一緒に、おお!ここは○○の撮影場所ですねー(笑)なんて会話をしながら目黒川沿いをお散歩。テレビのロケ地はだいたいが都内のどこかで、別の場所に住んでいたりすると見え方がちょっと違いますね。松本さんはどんな方なのかと聞かれると表現するのが非常に難しくてつい「ピンクが好きな松本さん」と答えてしまうんです〜。ヒーリングをしているっていうとどこか人間的にも服装的にもスピリチャルなのかな?と思いきや、別のお仕事もされていて一見ビジネスウーマンって感じ。時に熱いスイッチの入る、気さくに話せる方です♩

写真はスピリチャルアロマに使用しているもの。通常の精油と違い、オーガニックのホホバオイルで1%以下に希釈しクリスタルの波動によってヒーリングエネルギーが高められています。浄化されたクリスタルはとてもひんやりして気持ち良かったです。三重の津市にサロンがあるので、都内の方はなかなか受けれる機会がないのですが、伊勢神宮とリラをセットでというのも楽しいかも?

Lila

〒514−0007
三重県津市大谷町153 大谷ハイム2 2F
津駅西口から徒歩3分
Tel:080−5100−5353

http://www.lila-room.com

DSC_6277

本当は沢山食べたのですが、
青紫蘇のパスタに使っていた農園の紫蘇が肉厚で
すごく美味しかったのにそれも撮り忘れ
食べるのと喋るのに夢中になってしまって。。。

どれもおすすめなんですが
イチジクのカレー、小松菜サラダ、青紫蘇パスタ
ポテトグラタン&バゲットは必ず注文してます!

quca (クカ)
身体に優しい料理と自然派ワイン
〒153-0051
東京都目黒区上目黒2-17-16-2階
最寄り駅:東急東横線・中目黒

http://blog.livedoor.jp/quca/