ぶどうのマリネ

fura_20150912a

きまぐれ日誌の「food担当」うちびとです。暑かった夏も終わり吹く風もめっきり秋らしくなりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?わたしは最近インスタグラムを始めました、笑。

fura_20150912b

晩夏から秋にかけて旬を迎えるぶどう。薬膳でも秋に食べるとよい食材としてあげられています。摂取後すぐにエネルギー源になるので、疲労回復や体力低下時の栄養補給にぴったりだとか。また、秋になると空気が乾燥し始めるので、肺を潤して喉の渇きをいやしてくれるぶどうが活躍してくれそうです。

fura_20150912c

というわけで、今回はぶどうのマリネをご紹介します。作り置きができて、前菜やおつまみに、サラダに、デザートにと、いろいろ使えます。作り方もすごく簡単!ただし、ぶどうの皮をむく手間がかかります、笑。トマトと同じように湯むきをすると、作業が少しだけラクになります。湯むきの方法は、房からはずしたぶどうを沸騰したお湯に15〜30秒くらい(ほんのすこし皮がめくれるくらい)入れて、すぐに氷水に入れ、めくれた皮をするんと取り除きます。どうしても皮をむくのが面倒!という方は、粒丸ごとだとぶどうに味が染み込まないので、皮つきのまま半分に切ってくださいね。

fura_20150912d

用意するもの:
1 ぶどう(種無しがあれば種無しをおすすめします)
2 塩(今回はピンク岩塩を使用しました)
3 レモン
4 ワイン(マスカットにはシャルドネ、巨峰にはピノノワールの飲み残しを使用しました)
5 はちみつ(今回はアカシアはちみつを使用しました)
6 エクストラバージンオリーブオイル(写真に写ってなくてすみません)
7 黒胡椒(できれば挽き立てのものを)

ぶどうの皮むきさえこなしてしまえば、もう終わったも同然。あとは秒速で仕上がります!調味料の量は目分量・適量・好みの加減でお願いします、笑。塩は写真のぶどうの量に対して、岩塩ミルで軽く4〜5回分くらいでいい感じでした。

作り方:
1 皮をむいた(または皮つきのまま半分に切った)ぶどうに塩をふりかけてくるっと混ぜる
2 そこにレモンをぎゅっと絞ってくるっと混ぜる
3 そこにワインを好きなだけ注いでくるっと混ぜる
4 そこにはちみつをくるくる〜っと回しかけてくるっと混ぜる
5 そこにオリーブオイルをたらたら〜っと回しかけてくるっと混ぜる
6 歳後に黒胡椒をガリガリ挽いてくるっと混ぜる

fura_20150912e

あとは冷蔵庫でマリネするだけ。20〜30分後から食べれます。冷蔵庫で2、3日保存可。
美味しいぶどうが出回る今の季節にぜひお試しください!

Comments are closed.

Post Navigation