野菜ピビンパ

fura_20150627a

きまぐれ日誌の「food担当」うちびとです。真夏のような陽射しが注いだり、大粒の雨が降り注いだり・・・。クルクル変わる天気に日々あたふた・・・。笑

そんな気まぐれな天候で体調を崩さないように、今月は野菜をたっぷり使ったカラフルビピンパを作りました!好きな野菜をナムルにして雑穀ごはんに混ぜるだけ、というシンプルな料理です。ナムル作りは、茹でたり、炒めたり、塩もみしたり、それぞれの野菜に合わせた調理法でひとつずつ作ります(ので、種類を多く作る時はちょっと時間はかかります、簡単だけど・・・)。ナナさんのブルーのうつわが野菜の色を涼しげに引き立ててくれました。

fura_20150627g

本場のピビンパに入ってるのかどうかわかりませんが、私はいつも大根のなますも入れてます。なますは大根だけで作ってもいいし、にんじん、蓮根、柚子などと合わせても美味しいです。今回は旬のみょうがと組み合わせてみました。なますは味が染み込んだほうが美味しいと思うので、前日から用意しておくとばっちりです。大根の皮をむいて短冊切り(長さ4〜5cm、幅1cm、厚さ2mmくらい)にして、塩少々をふって混ぜ合わせ20分くらい置いておきます。その間に、洗ったみょうがを縦半分に切って熱湯でさっと湯通しし、粗熱が取れたら水気を拭き取り、飾り用のものはそのまま、残りは縦に薄くスライスしておきます。次に、お酢、砂糖、塩をお好みの加減で合わせて甘酢を作ります(私はだいたいお酢3、砂糖1、塩0.5くらいの割合です)。酸っぱいのが苦手な方は、お酢と同量くらいのだし汁を足して酸味を和らげると食べやすくなると思います。塩をふっておいた大根とみょうがは、しっかりしぼって水気を切り、甘酢に漬け込みます(飾り用にするみょうがも一緒に漬けます)。ジップロックなどに入れて空気を抜いて冷蔵庫へ。

fura_20150627f

さて、次はそれぞれの野菜をナムルにします。今回作ったのは、もやし&ニラ、黄パプリカ、赤パプリカ、緑&黄ズッキーニ、にんじんの5種類。もやし&ニラは洗ってニラを4cmくらいの長さに切り、耐熱ボウルに入れてふわりとラップをかけ、電子レンジでしんなりするまでチン。ザルにあけて粗熱を取り、水気を絞ったら、塩、しょうゆ、粉末鶏ガラスープ、こしょう、白すりごまをまんべんなく混ぜ込み、最後にゴマ油を混ぜます。パプリカとにんじんは、細切りにしてから、ゴマ油でしゃっきり感を残すように炒め(途中で塩をふります)、最後に白すりごまを混ぜます(手間だけど野菜ごとに炒めます)。ズッキーニは好みの形でうすくスライスし、塩をふって混ぜ合わせて10分くらい置き、出てきた水分をしっかり絞ってから、白すりごまを混ぜ入れて、最後にゴマ油を混ぜます。

fura_20150627e

あとは、好きなように盛りつけて出来上がり。今回はこのままいただきましたが、コチュジャンを一緒に混ぜると味にパンチが出ます。もりもり食べたい気分の時は、しょうゆやコチュジャンで炒めたそぼろを入れたり、ピリ辛味で炒めた厚揚げや温泉たまごなどをのせるとボリューム満点のどんぶりごはんになります。

fura_20150627b

ピビンパを作ってさぁ完成!と思ったら、おかずがまったくないことに気づいてあたふた。あわてて、余った赤パプリカのナムルと三つ葉で卵焼きを作りました。笑

fura_20150627c

なんてことはない卵焼きですが、素敵なうつわに盛りつけるとごちそう風に変身しました。

fura_20150627d

Comments are closed.

Post Navigation