Peaceful Journey

hohoho

11月24日と26日のホロスコープとヒーリングのワークショップが終了しました。前回この組み合わせで行ったのが7月の「Heliophilia」、今回のホロースコープはフーラのオーナー、今年後半から来年の星を詠む/ヒーリングは三重のアロマセラピーサロン・リラの松本さんがメンタルブロックの解放&セルフヒーリングを行いました。わたしは26日の方にお邪魔したのでその時の様子を少しご報告します。

P1050098

占星術のワークショップは時折開催していたのですがわたしは今まで参加したことがないので本物の初心者。上の写真が自分の誕生日と出生の時間を伝えて出してもらったわたしのバースチャートで資料として使います。はじめに初心者のわたしのために軽くホロスコープとは、占星術の基本概念である12室(ハウス)について、そして木星、土星、天王星、冥王星の特徴などを聞きながらバースチャートのマークの見方や読みかたの説明を受けながら自分の表にいろいろ書き込んでいくのですが、途中何度も自分を失いそうになりながら「がんばれ自分!」とやっとのことで書き込み終了〜。

細かいことを詠む余裕はまだないので、ひとまず土星、天王星に絞って天体が移動した日時の自分の出来事を思い浮かべてみると思い当たる節がちらほら。オーナーの話によると変化を求める、変化を感じている人が集まっていたそうで、多分わたしもその一人。前日までのスケジュールを考えるといつもなら家でじとーっとしていたはずがこの日はなんだか行かなければいけない気がしてました。

土星というのは、重く辛い障害であり、乗り越えなくてはいけない試練といわれていますが、試練を乗り越えることで得られる自分自信の成長、乗り越えた先に見えてくるものは必ず自分の力や自信につながっていきます。実際その時には辛くて大変でそんな余裕はないのかもしれないけど、2〜3年周期でめぐるこの試練を試練としてビクビクするより、きっとその先には自己成長が待っているとどこか頭の隅に置いておくだけでも違うのかもしれない。

ついていくだけでせいいっぱいだったので頭が混乱しはじめた頃、ミトラカルナさんのデザートで休憩。フーラ農園のローズウォーターとカシスの組み合わせが美味しいケーキでした♩

続いて松本さんによるセルフヒーリングの時間。(全く余裕がなくて写真も撮れず、テキストのみですみません〜。)松本さんの話がスタートした後、何となく脈が早くなり、オーナーと松本さんがセルフヒーリング始めちゃった方が良さそうですねと言った時にはもう心臓がバクバクしてました。空気???これがどうゆうことなのかわからないんですが、松本さんもずっと標準語だし「場のエネルギー」が24日のワークショップとは違ったそうです。24日はどんなだったんでしょう??

最初のセルフヒーリングは土からイメージしていくグラウディング。途中咳が出たり涙が出たりしても無理に止めないでくださいと言われスタート。悲しいとか辛いとかの感情もないのに涙が出るって不思議。終わった後にみんなでシェアする時間もあり、わたしもちゃんと発言しました、笑。グラウディングとは地に足をつける、心身のバランスを取り戻す、自分を軸に本来の自分を取り戻す、といわれているように、外からの情報にわたし自身惑わされていた気がします。気持ちが軽く、楽になりました。

次のヒーリングが始まってすぐ、松本さんの声が遠くに聞こえながら寝ていたような。起きてみたら手がとても熱くなっていて、気分がすっきり!日々の生活を繰り返していくと知らないうちにまた不要なエネルギーに支配されていきそうで、本当の自分を維持するって難しい。いらないものは体から出し必要なものを取り込む、上手に使いこなせる人になりたい。

んー、この分野は書くのは難しい!目に見えるものではなく、感じることといったらよいのか。どちらのワークショップもこの日に何かが劇的に変わるとかそうゆうものじゃなくここからジワジワと「そうゆうことだったのか!」と後に気づくことがあったり(これも明日かもしれないし何年か後かもしれない。)わたしはそんな大きなお土産がついてきたと思っています。

成長や変化というのは自分では分かり難く、グラグラと不安になることもあります。それでも人は変わってゆきます。本来の自分でいれたなら変化を恐れず、試練も受け入れて前に進むことができる、今は生意気にもそんな風に思えます。

初心者ゆえこんなレポートですが、もし興味ある!という方がいれば、多分また来年にこの二人のタッグがあると思うので是非。(毎回大人気なので募集と同時ぐらいのご予約をおすすめします。)

三重のサロンでも松本さんのヒーリングのコースありますよ〜。

アロマセラピーサロン・Lila

www.lila-room.com

Comments are closed.

Post Navigation