クリスマスとリキッドソープ

DSC_1546

朝晩冷え込んできていよいよ冬の空気になってきました。フーラ・アトリエのクリスマス限定メニュー「at holy nigt」もスタートしました!このコースのためにご用意したウェルカムティー、オリジナルコフレが3点も付いた年末のスペシャルトリートメント!大切な方へのプレゼントとしても承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。コースの詳細は→at holy nigt

DSC_6455-2

話は変わって、今日はシャンプーとしても使っているリキッドソープのこと。普段はコールドプロセスの固形石鹸を作ってますが、夏場は暑さで温度管理が難しいので固形石鹸はお休みしリキッドを作りはじめました。上の写真はリキッドの素を希釈してハーブチンキを加えたもの。

リキッドソープの素の材料は、固形石鹸とほぼ一緒。使う材料はオイル、苛性ソーダ、アルコール、精製水。リキッドソープといえば苛性カリを使うところを、苛性ソーダを使って作る方法にしました。(作り方に関して興味のある方はこちら→「手作り石鹸革命」)

はじめて作った時はこの材料を混ぜてしばらくした時の不思議な変化に、理科の実験をしているような、何か起こるんじゃないかと少しびっくりしましたが、慣れてしまうと固形石鹸のような4週間以上は待たなければいけない、熟成&乾燥期間がないのが非常に楽です。(固形は固形でその良さは豊富にあります〜。)オイルなどの材料も量が少なくてすむこと、さらに、スイートアーモンドオイルのようなデリケートな酸化早めのオイルでも配合量を多くできたり、固形石鹸では熟成期間中に香りがとんでしまうので使用できる精油に制限がありますが、精油やチンキの特性が活かせるのも良いところ。金銭的に余裕があれば、マカダミアナッツオイルあたりも面白いのかもしれません。

P1040825

上の写真がリキッドソープの素をつくっているところ。材料を混ぜ保温しながら1晩程度置いておけば翌日から使用可能。冷蔵保存しておけば半年や1年は持つと思います。実際に「リキッドソープ」にするには、素をとりだし約3倍の精製水かフローラルウォーターで希釈、お好みでグリセリンやチンキ、精油を加えて使います。

泡ポンプにいれてアワアワ洗顔にしたり、シャンプーとして使ったり、スイートアーモンドベースのタイプはコンディショナーがいらないほど洗い上がりがソフト。ただ、泡立ち面ではシャンプーには物足りなさがあり、次にココナツオイルを多めに配合してつくってみたところ、洗い上がりは最初のものほどソフトさはなく、寒くなってきたらリキッドなのに固まる、笑。湯船で湯銭しながらリキッドソープを使うのも面倒なので、一年中変りなく使えるリキッドソープはオイル選びが重要のようです。

Comments are closed.

Post Navigation